愛知県岡崎市の和菓子屋のスタッフが交代で書いてます。
四季折々の和菓子の紹介や職人のこだわりなどをご覧ください
 
 
<< 月見に芋??? | main | 岡崎の名物食べ歩きツアー? >>
栗を食べて長寿になろう
Web担当げっちゅです。

今日は9月9日、五節句の最後にあたる『重陽の節句』です。
中国の陰陽説では奇数が「陽」偶数が「陰」にあたり、その奇数の中でも一番大きい数の9が重なる日にあたります。
自分と家族の長寿と繁栄を願って節句を行います。

この『重陽の節句』は、もともと旧暦の9月9日に行われていたもので、「菊の節句」、「栗の節句」とも呼びます。
菊には長寿にまつわる言い伝えがある為、平安のころより貴族の中ではこの節句に菊を愛でたり歌を詠んだり、そして前日の夜に菊に綿をかぶせ、翌朝、菊の香りと朝露を含んだ綿で体を拭くと長寿になれるという着せ綿を行ったそうです。さらに江戸の頃には武士にも広まり、菊を酒に漬けた菊酒を飲んだりして長寿を願ったそうです。

そしてこの時期は秋の収穫の時期でもあったことから、庶民の間では、平安以前から行われていた収穫祭も一緒になって、栗ごはんや秋の味覚を食べて、一家の健康と繁栄を願うというように節句の内容も代わって来ました。最近ではほとんど忘れ去られている節句ですが、季節を感じて家族を大切にするひとつの機会として簡単にでも行ってみるのもいいかもしれません。


実はげっちゅは9月になって最初の土曜日に岐阜の中津川まで栗拾いと栗きんとんめぐりを兼ねて行ってきました。沢山栗を拾ってきたので、今日の(今日も!?)夕飯は栗御飯にするつもりですチョキ

栗きんとんも先日お店のみんなでいろんなお店の物を食べて研究会を開きました。同じ栗きんとんでも水分の量や砂糖の量、中に入っている栗の粒の大きさ、硬さ、など色々な違いがあり、参考になりました。でも、やはり当店の藤見屋の栗きんとんは自信作だけあって、しっとりなめらかで美味しい!というのを再認識しました。



今だけしか食べられない本当にオススメの商品です。是非お試しください。
【2009.09.09 Wednesday 10:41】 author : げっちゅ
| 四季便り | comments(0) | trackbacks(1) |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://gomangoku.jugem.jp/trackback/901816
トラックバック
栗はいかがですか?明日は栗の節句です
げっちゅです。明日は9月9日、重陽の節句です。重陽の節句は五節句の一つで、自分と家族の長寿と繁栄を願う節句です。「菊の節句」、「栗の節句」とも言われています。詳しくは去年のブログを読んで下さいね。そこで、このブログを読んで下さっているあなたにも、季節を
| 五万石藤見屋ブログ | 2010/09/08 11:26 AM |